災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

HOME 活動報告

活動報告

【熊本地震】「月下美人が咲いたよ」

2016/06/28

【熊本地震】「月下美人が咲いたよ」

「見てみて!咲いたんだよー」 チーム(Civic Force/A-PAD ジャパン/Peace Winds Japan)が運営するユニットハウス村(益城町)の入居者の女性が、昨日、大きくて真っ白な一輪の花を、抱えるように...

【熊本地震】梅雨前線の影響で土砂災害警戒警報

2016/06/22

【熊本地震】梅雨前線の影響で土砂災害警戒警報

九州北部に停滞する梅雨前線の影響で、九州各地で6月20夜から大雨となり、土砂くずれや河川の氾濫などの被害が出ています。特に、熊本では地震の揺れで地盤が緩んだ地域での被害が目立ち、各地で土砂災害の警戒警報が出ています。 地...

【東日本大震災】「夢を応援フォトコンテスト」受賞者発表!

2016/06/08

【東日本大震災】「夢を応援フォトコンテスト」受賞者発表!

東日本大震災で被災した東北3県の高校生・大学生をサポートする「夢を応援プロジェクト」。2016年3月、約1000人の奨学生を対象とした「夢を応援フォトコンテスト」が実施され、このたび最優秀賞・優秀賞合わせて3名の受賞者が決定し...

【熊本地震】益城町に新たな「居住空間」ーテクノリサーチパークに80棟設置

2016/06/07

【熊本地震】益城町に新たな「居住空間」ーテクノリサーチパークに80棟設置

Civic Forceを含む緊急合同支援チーム(A-PAD ジャパン/Peace Winds Japan)は、特に被害の大きかった熊本県の益城町で「テント村」の運営を続けています。ペット連れの家族も入居可能なエマージェンシ...

【熊本地震】ユニットハウス18棟設置〜より快適な避難生活を

2016/05/28

【熊本地震】ユニットハウス18棟設置〜より快適な避難生活を

熊本地震で多くの家屋が倒壊した熊本県益城町では、私たち緊急合同支援チーム(Civic Force/A-PAD ジャパン/Peace Winds Japan)のテント村を含め、今も多くの住民の方がテントでの避難生活を続けてい...

【熊本地震】「憩いの場」、もう一つの役割

2016/05/24

【熊本地震】「憩いの場」、もう一つの役割

「いつでも笑顔で迎えてくれるから嬉しい」 「家こわれちゃったし笑うときじゃないかもしれないけど、下を向いとっても仕方ないしね! ここで元気もらってがんばるよ」 ーーーCivic Forceがパートナー団体(A-PADジ...

【熊本地震】今日から仮設住宅955戸の入居者募集開始

2016/05/21

【熊本地震】今日から仮設住宅955戸の入居者募集開始

熊本地震で特に被害の大きかった益城町では、今日から仮設住宅955戸の入居募集が開始されました。20日からは入居に必要な「り災証明書」の発行が始まっています。Civic Forceがパートナー団体(A-PADジャパン/Pe...

【熊本地震】新たな避難所の確保に向けて

2016/05/17

【熊本地震】新たな避難所の確保に向けて

熊本地震で被災した方々の避難場所として、Civic Forceは現在、パートナー団体(A-PADジャパン/Peace Winds Japan)と協力し、益城町内の2カ所(総合体育館横の芝生広場、再春館ヒルトップ)でテント村...

【熊本地震】発災から1カ月、長引く避難生活を支えるためにー連携の力3

2016/05/14

【熊本地震】発災から1カ月、長引く避難生活を支えるためにー連携の力3

相次ぐ地震の影響で多くの住宅が被害を受けた熊本県では、今も1万人以上の方が避難生活を続けています。 緊急合同支援チーム(Civic Force/A-PADジャパン/Peace Winds Japan)が活動する益城町では...

【熊本地震】熱中症を防ぐため、遮光ネットを設置

2016/05/14

【熊本地震】熱中症を防ぐため、遮光ネットを設置

未だ1万人以上が避難生活を継続 4月14日、震度7を観測する熊本地震の発生から1カ月が経ちました。一連の地震で亡くなった方は49人。避難者の数は、最多で一時18万人以上に及び、現在も1万人以上が避難所やテントなどでの生活を余...