新型コロナウイルス感染症

活動概要

度重なる自然災害でより迅速な緊急支援を展開するため、Civic Forceは、2019年12月に空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”の立ち上げに参画しました。その矢先、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が起き、2020年1月、災害用の備蓄マスクを医療機関に届ける活動を開始しました。以降、ARROWSの一員として、医療・福祉施設への人員派遣や医療資機材の提供、感染対策のトレーラー貸与・設置。また、復旧・復興の途上にありながら、コロナ禍で苦しい状況にある人々を支える被災地のNPOのサポートも続けています。

プロジェクト

  • NPOパートナー協働事業

    NPOパートナー協働事業

    全国各地の被災地で展開してきた独自プログラム「NPOパートナー協働事業」のネットワークを生かして、復旧・復興の途上にありながら、コロナ禍で苦しい状況にある人々を支えるNPOをサポートしています。

    活動報告を見る
  • 物資支援プロジェクト

    物資支援プロジェクト

    「NPOパートナー協働事業」の連携先などを通じて、困窮する世帯や福祉施設・事業所などにアルコールジェルや消毒液などの感染対策グッズ、企業から提供されたシャンプー・リンスなどを届けました。

    活動報告を見る
  • トレーラー設置プロジェクト

    トレーラー設置プロジェクト

    病院に入る前に患者の発熱状況などを判断し院内感染を防ぐため、トレーラーやテントを関西や九州の病院に貸与。搬出・設置から内部の整備までの支援を行い、病院からは「地域の医療体制を守るために不可欠」と重宝されています。

    活動報告を見る
  • 人員派遣プロジェクト

    人員派遣プロジェクト

    空飛ぶ捜索医療団ARROWSの一員として、クラスターが発生した大阪や広島の病院・福祉施設、長崎に停泊していたイタリア籍クルーズ船などに調整員を派遣。施設の運営支援やゾーニング、PPEの着脱指導などを行いました。

    活動報告を見る

終了したプロジェクト

  • マスクプロジェクト

    マスク支援プロジェクト

    災害時連携協定を締結する静岡県袋井市の備蓄品や国内外から調達したマスク140万枚を約1300の医療・福祉施設へ届けました。公的支援が届きにくい無床診療所や学童保育施設、医療的ケアが必要な子どもたちにも届けました。

    活動報告を見る

活動報告

  • 新型コロナウイルス感染症

    佐賀の医療機関へトレーラー貸与 〜院内感染を防ぐために

    活動報告 物資支援プロジェクト
  • 新型コロナウイルス感染症

    子どもたちが安心して学べる場をつくる

    活動報告 NPOパートナー協働事業 新・夢を応援xNPOパートナー協働事業
  • 新型コロナウイルス感染症

    TEDIC 学生ボランティア募集中@宮城  2/10・19 オンライン説明会開催

    活動報告 NPOパートナー協働事業

活動報告一覧

パートナーNPOのご紹介

この事業にご寄付・ご支援いただいた企業

準備中です。

新型コロナウイルス感染症

この活動へのご寄付はこちら