最新情報

新型コロナウイルス感染症 活動報告 NPOパートナー協働事業

TEDIC 学生ボランティア募集中@宮城  2/10・19 オンライン説明会開催

コロナ禍で増え続ける相談件数

2020年2月、新型コロナウイルス感染症が日本国内に広がり、「コロナ禍」という言葉が生まれてからもうすぐ2年がたちます。あらゆる産業が打撃を受け、外出自粛による心身への影響や格差の拡大など多様な問題が社会に影を落としています。特に子どもたちへの影響は深刻です。

 

「相談件数は多い時で毎月60件以上。特にコロナ後、子どもたちから『友だちと遊びたい』『外で体を動かしたい』といった声が聞こえてきます。保護者や支援関係者からの相談も多く、子どもたちを取り巻く状況の厳しさを実感しています」。こう話すのは、宮城県石巻市を拠点にフリースクールや相談・生活支援などの活動を続けるTEDICの鈴木平さんです。


TEDICは、2011年3月11日の東日本大震災をきっかけに生まれたNPOで、震災で被災した子どもへの学習サポートや安心して過ごせる居場所の提供などを続けています。現在は小学4年生から高校生年代の子どもたちに学習サポートや安心して過ごせる居場所を提供する石巻市の「石巻市生活困窮者世帯の子ども学習・生活支援事業」及び学校や進路、就職など若者(対象:0〜39歳)が気軽に相談できる窓口を担う宮城県の石巻圏域子ども・若者総合相談センター」を受託運営しています。

2020年4月~5月には「新型コロナウイルス感染症による生活状況への影響調査」を実施。対象は、石巻市の生活保護世帯、生活困窮世帯の小学4年生~高校生の年代の子どもたちで、回答からは突然の学校休校や外出自粛によって、家庭内外で大きな影響を受けていたことがわかります。学校が再開し緊急事態宣言が解除された後も、子どもや親からの相談は減りません。

03.jpeg

「死にたい」「食べるものがない」

相談の中には「死にたい」「食べるものがない」といった深刻な相談も寄せられます。「TEDICでは相談者の状況に合わせて直接話を聞くことを重視しています。学校や行政では通院歴や心身に不調のある子どもへの個別対応は難しく、専門家もリーチができていません。学校や家庭だけでは解決が難しい複雑な問題と向き合い、子どもたちがここなら大丈夫と思える環境、居場所を目指しています。信頼できる大人と出会い、少しずつ心を開き、前を向けるようになる子もいます」と鈴木さんは言います。

TEDICが目指す地域「ひとりぼっちがいないまち石巻」「どんな境遇のもとに生まれた子ども・若者でも、自分の人生を、自分で生きることができる地域社会を創る」相談したくても「たらい回し」にされてしまうような子どもたちを救い出し、地域として包括的に支援できるよう学校や行政、専門機関への働きかけも続けています。

02.jpeg

子どもたちの”小さな声”を聞く

Civic Forceの新型コロナウイルス感染症対策支援「NPOパートナー協働事業」では、2021年6月からTEDICのフリースペースの運営と相談事業をサポートしています。鈴木さんは、「電話相談だけでなく、実際に会って話を聞かないとわからないこともあります。子どもたちが安心して過ごせる居場所として、フリースペースを常にあけておくことはとても重要で、Civic Forceの支援はとても助かっています」と言います。

TEDICの活動の原点は、東日本大震災の後、「震災がきて、救われた」と話していた子どもの言葉にあります。以前から家庭でネグレクトや暴力を受けていたその子は引きこもりがちでしたが、震災によって外から様々な人が出入りする中で、信頼できる大人に出会い、少しずつ社会に出ていくことができたそうです。人知れず苦しい思いをしている子どもたちの存在はとても見えにくく、コロナ禍でますます増えていることが予想されます。TEDICは、現在、学習支援拠点の運営や定期訪問支援のほか、フリースクール運営、世帯全体の個別伴走支援など様々な活動を続けていますが、これら多様な支援活動は一人ひとりと丁寧に向き合ってきた結果です。

TEDICで働くスタッフの中には、妊娠・出産を経て子育てしながら働くスタッフや、教員を目指すボランティアの学生など多様な人材が関わっていますが、共通するのは「困っている子がいたら放っておけない。誰かが動かなければ」という思い。若手が中心でありながら、地域や子どもたちのニーズとしっかり向き合い、課題解決のために何ができるか考え続けています。

01.jpeg

学生ボランティア募集中

TEDICでは現在、一緒に活動してくれる学生ボランティアを募集中。1月22日にオンラインで実施したボランティア説明会では、終始笑いが絶えない楽しい説明会となりました。2月以降の説明会の予定は以下の通りです。関心のある方は、ぜひ説明会にお申し込みください!

==詳細======

■開催日時

 ②2月10日(木)15:00~16:00

 ③2月19日(土)18:00~19:00

 ④3月19日(土)18:00〜19:00

■開催方法

 オンライン(zoom) ※申し込みをいただいた方に個別ご連絡します。

■申込方法

 下記の申込フォームから応募ください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeq8zqiIe2WITJp1_U1EScfJxewDhh67Ql26E8FqXm7dQmSRw/viewform

==========



  • 新型コロナウイルス感染症支援活動にご寄付をお願いします

    銀行・ゆうちょ銀行から寄付
    • 三井住友銀行  青山支店 普通 7027390
    • ゆうちょ銀行 00140-6-361805 (通信欄に「新型コロナウイルス支援」と明記ください)
      口座名義は上記いずれも公益社団法人Civic Force シャ)シビックフォース

      ※指定寄付のうち、15%を上限に運営費として活用し、残り金額はすべて事業費にあてさせていただきます。

一覧に戻る

 

最新記事

  • 最新情報

    【令和4年8月大雨】断水続く新潟県村上市の支援団体へ電動運搬車を無償貸与

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア掲載】佐賀新聞

  • 緊急即応体制を創る

    8/7 佐賀県大町町の避難所体験会に参加

  • 最新情報

    【令和4年8月大雨】断水続く新潟県村上市へ給水袋を支援