最新情報

新型コロナウイルス感染症 活動報告

被災地発! 危機をもう一度乗り越えるために

「台風から半年。復興はまさにこれから、というときに…」
「見えない脅威にさらされ続け、ストレスが蓄積されていく状況は、"災害後"と重なる」
「長期化すればするほど、心のゆがみや運動不足が深刻化し、その予防が急務」
「被災の経験・つながりを生かして、今こそできることがある」

ーー新型コロナウイルスの感染が広がる中、日本全国の被災地から寄せられた声の一部です。

災害支援を専門とするCivic Force(シビックフォース)は、2009年の設立以来、東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨、北海道地震、九州豪雨、台風19号など日本全国の災害被災地において約70団体のNPOと連携。独自の復旧・復興支援プログラム「NPOパートナー協働事業」を通じて、さまざまな視点から被災地の復旧・復興を後押ししてきましたが、それらの被災地では、いま新型コロナウイルスによるダメージがより一層深刻で、緊急の対策が求められています。

acf90173b7c62ab25d6e1ecce6039740-1634480381.png

他方、全国各地の被災地では、かつて被災を経験したからこその強い危機感をもって動き出している団体やコミュニティーがあります。例えば、東日本大震災と台風19号両方の被害をうけた岩手県や宮城県には、休業・休校・救援などの影響を受ける地域の子どもや親たちの居場所づくりを始めたNPOがあります。また、北海道地震の被災地では、家庭で過ごす子どもたちへの遊び・教育支援プロジェクトがスタート。熊本地震や九州北部豪雨の被災地でも、梅雨に備えた防災や感染症対策、DVや犯罪から被災者を守る支援など、それぞれの場所で「3密」を避けながら、工夫に満ちたさまざまな取り組みが実施されています。

前代未聞の危機を乗り越えていくため、Civic Forceはこのたび被災地発の取り組みをサポートするプロジェクトを立ち上げました。これまで培ってきた災害支援のネットワークとノウハウを生かして、新型コロナウイルスと闘う、被災地発の取り組みを支援していきます。連携団体の活動内容は追っておしらせしますが、大きなダメージを受ける被災地に、皆様の力をもう一度貸してください。

  • 新型コロナウイルス感染症支援活動にご寄付をお願いします

    銀行・ゆうちょ銀行から寄付
    • 三井住友銀行  青山支店 普通 7027390
    • ゆうちょ銀行 00140-6-361805 (通信欄に「新型コロナウイルス支援」と明記ください)
      口座名義は上記いずれも公益社団法人Civic Force シャ)シビックフォース

      ※指定寄付のうち、15%を上限に運営費として活用し、残り金額はすべて事業費にあてさせていただきます。

一覧に戻る

 

最新記事

  • お知らせ

    【募集中】オンライン勉強会「いま、NPOに求められる役割とは? 」

  • 最新情報

    【令和4年8月大雨】断水続く新潟県村上市の支援団体へ電動運搬車を無償貸与

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア掲載】佐賀新聞

  • 緊急即応体制を創る

    8/7 佐賀県大町町の避難所体験会に参加