最新情報

令和3年7月豪雨(熱海) 活動報告 お知らせ プレスリリース NPOパートナー協働事業

「コミュニティカフェ」開設に向けて ーNPOパートナー協働事業

未来を自分たちの手でつくるために。人と人が交わる“交差点”のような場を

2021年7月3日、静岡県熱海市で大規模な土石流被害が発生。あの日からもうすぐ半年が経ちます。

Civic Force(シビックフォース)は、発災後、大きな被害を受けた伊豆山(いずさん)の浜地区、仲道地区、岸谷(きだに)地区や避難所などで暮らす被災者に向けて、無償の臨時バスや送迎車の運行、タクシーチケットの配布、物資の提供などを行いました。また、9月からは独自の復興支援プログラム「NPOパートナー協働事業」を通じて、被災した親子のケアやお堂の清掃、動物の保護などに取り組む地元5団体(めぐみ会/熱海キコリーズ/くすのき/テンカラセン/しずおか共育ネット)のサポートを続けています。

パートナー団体の一つ、発災直後から地域の人々の困りごとなどを解決してきた地元の有志団体「テンカラセン(熱海市伊豆山)が、12月16日、伊豆山にコミュニティカフェを作るプロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングで支援の呼び掛けを始めました。


クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で1月22日まで受け付けます。
被災した地域の復旧に向けて、大きな役割を果たしてきたテンカラセンの次なる挑戦を、一緒に応援してください。

復興はもちろん、その先にある伊豆山の未来を自分たちの手でつくるために、人と人が交わる“交差点”のようなコミュニティカフェを目指します。最悪の出来事が起きたからこそ、そこで生まれた人のつながりや思いを大切に育みながら、誰もが暮らしやすく、あたたかな伊豆山をつくっていきます

https://camp-fire.jp/projects/507777/

目標金額:4,500,000円
寄付募集期間:2021年12月16日~2022年1月22日(38日間)
リターン:500円〜 
「 伊豆山のお店応援セット」「浜浴場で走り湯を堪能!プラン」「 超豪華!伊豆山の漁業応援セット 」「チャリティTシャツ5枚セット」など、熱海の魅力を堪能しながら応援できる返礼品を多数、用意しています。

詳しくはこちら

今を話そう会

一覧に戻る

 

最新記事

  • 緊急即応体制を創る

    企業と支援団体をつなぐプラットフォーム「グッドリンクス」オープン

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア掲載】朝日新聞

  • 緊急即応体制を創る

    中学校で出前講座「災害にそなえよう、生き抜くために」を実施

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア掲載】佐賀新聞