最新情報

緊急即応体制を創る お知らせ 訓練 企業連携

5/8 福岡で体験型イベント「みんなDE防災 × 選手会ファンド」開催

スポーツ × 防災

Civic Force(シビックフォース)は、5月8日、一般社団法人日本プロ野球選手会(以下選手会)主催の「キャッチボールクラシック」にて、「みんな DE 防災 × 選手会ファンド」を開催します。

キャッチボールクラシックは、選手会がキャッチボール普及のために考案し、9人1組のチームが2分間で何回キャッチボールができるか、キャッチボールの正確さとスピードを競うゲームです。2011年の東日本大震災をきっかけに福島県で始まり、その後、2012年に東北大会、2013年には全国大会へと拡大し、今では国内60以上の会場で毎年開催されるまでに広がっています。

災害が頻発する中、2021年に災害時連携協定を締結したCivic Forceと選手会は、たくさんの子どもたちが集まるこのイベントにおいて、子どもたちに防災・減災の意識を高めてもらうことを目的に本イベントを企画しました。詳細は以下の通りです。多くの皆様のご来場をお待ちしております!!

みんな DE 防災 × 選手会ファンド

(プロ野球選手会主催「キャッチボールクラシック」内イベント)

目的 災害時の緊急対応や防災について実践的に学ぶことで、いざというとき自分や大切な人を守れるよう、防災意識を高めます

場所 北九州市本城公園本城球場 多目的広場 

日時 5月8日(日)9:30~15:00(受付締切14:00)

※ 雨天時延期 (前日決定予定) ※終了時刻は全体の進行により早まる可能性があります。

参加対象  キャッチボールクラシック参加者、一般参加者(大人も子どもも参加可能です)

入場料 無料

●みんなDE防災 ミッションスタンプラリー
防災や災害時の対応に関する6つのミッションブースを回り、各ミッションをクリアするとスタンプを押すことができます。全てのスタンプがそろったら、受付で参加賞がもらえます!

0508.png
7012aa2999b42595273cc2f9b31d8028-1651140845.png

一覧に戻る

 

最新記事

  • 緊急即応体制を創る

    企業と支援団体をつなぐプラットフォーム「グッドリンクス」オープン

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア掲載】朝日新聞

  • 緊急即応体制を創る

    中学校で出前講座「災害にそなえよう、生き抜くために」を実施

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア掲載】佐賀新聞