最新情報

新型コロナウイルス感染症 活動報告 トレーラー設置プロジェクト

トレーラー1台を医療機関に設置

患者の安全を最優先し、同時に自分や仲間、周囲の患者をも守るー。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が各地に広がり、全国の医療機関が対応・対策に追われています。

Civic Force(シビックフォース)は、空飛ぶ捜索医療団”ARROWS”の一員として、本日5日、トレーラー1台を西日本の病院に貸与しました。

0626c3e756320da03fcecdd378814f3e-1634480772.jpg

このトレーラーは、東日本大震災や西日本豪雨などの被災地で集会場や診療所など様々な用途で活用され、COVID-19対策にあたっては患者の皆さんの待合室や診察室、トリアージ(選別)室など刻一刻と変わる病院のニーズに応じて利用される予定です。

Civic Forceの活動は多くの皆様のご寄付によって支えられています。新型コロナウイルスによる肺炎の流行を食い止めるため、あらゆる力を結集し、一人でも多くの命を救う取り組みが求められています。

皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

  • 新型コロナウイルス感染症支援活動にご寄付をお願いします

    銀行・ゆうちょ銀行から寄付
    • 三井住友銀行  青山支店 普通 7027390
    • ゆうちょ銀行 00140-6-361805 (通信欄に「新型コロナウイルス支援」と明記ください)
      口座名義は上記いずれも公益社団法人Civic Force シャ)シビックフォース

      ※指定寄付のうち、15%を上限に運営費として活用し、残り金額はすべて事業費にあてさせていただきます。

一覧に戻る

 

最新記事

  • 東日本大震災

    「富岡の今を伝えたい」 小・中学生のかたりべユーチューバーが発信! 

  • お知らせ

    【令和4年台風15号】静岡県への物資支援について

  • お知らせ

    【オンライン勉強会開催レポート】企業×NPO  連携の可能性について考える

  • お知らせ

    【9/13〜19 遺贈寄付ウィーク】『えんギフト』無料配布中!