最新情報

新型コロナウイルス感染症 活動報告

増える外来患者対応の一助に ー病院にテントを貸与・設置

Civic Force(シビックフォース)が参画する空飛ぶ捜索医療団”ARROWS”は、4月7日、エアーテント(W5×L8×H3.4M、重量200kg)1張を大阪の病院に貸与・設置しました。

f0c6896278780fe40bbaa1c4ff784084-1634472186.jpg

先月、ARROWSがこの病院に貸与したトレーラーは、現在1日10人前後の患者の待合室として利用されています。しかし、外来患者が集中した際に外で待たせてしまう事例が発生してきたため、要請を受けて隣にテントを増設しました。

テント内には椅子やパーテーション、空気清浄機などを設置

<テント内には椅子やパーテーション、空気清浄機などを設置>

COVID-19の感染の疑いがある人(接触者)が病院で受診した際、病院は職員や入院・外来患者を感染から守り、院内感染の予防に務める必要があります。日本国内で感染者が増えるなか、今後も現在の医療体制を維持するために、医療機関において新型コロナウイルス以外の患者と医療関係者の予防のための工夫が必要です。

ARROWSは、引き続き感染症と戦う医療従事者や影響を受ける多くの皆様とともに支援活動を続けていきます。引き続きのご支援をお願いいたします。

  • 新型コロナウイルス感染症支援活動にご寄付をお願いします

    銀行・ゆうちょ銀行から寄付
    • 三井住友銀行  青山支店 普通 7027390
    • ゆうちょ銀行 00140-6-361805 (通信欄に「新型コロナウイルス支援」と明記ください)
      口座名義は上記いずれも公益社団法人Civic Force シャ)シビックフォース

      ※指定寄付のうち、15%を上限に運営費として活用し、残り金額はすべて事業費にあてさせていただきます。

一覧に戻る

 

最新記事

  • 緊急即応体制を創る

    【参加者募集中】3/28 災害シンポジウム2023「関東大震災から100年 これからの避難生活のあり方を考える」

  • 緊急即応体制を創る

    中野区立中野中学校2年生が東京事務所に来訪

  • 緊急即応体制を創る

    【寄稿】トヨタ財団の広報誌『JOINT』に掲載

  • 緊急即応体制を創る

    選手会ファンド公式LINEアカウントキャンペーン第二弾開始!