最新情報

令和5年 大雨

ニュースレターVol.31 発行 ー今年の災害を振り返り、次に備える

奥能登地震/7月大雨/台風13号度重なる災害を乗り越え、次に備える

 今年もまた、度重なる自然災害が日本列島を襲いました。5月に石川県で発生した奥能登地震、7月には活発な梅雨前線の影響で九州北部をはじめ全国各地で線状降水帯が発生し、建物や農地などの浸水被害が相次ぎました。9月に発生した台風13号では、福島や茨城、千葉などで3,000棟以上の住居被害が報告されています。

 発災から時間が経ち、被災した地域の生活は少しずつ落ち着いてきているように見えますが、目の前の復旧作業に精一杯の日々を乗り越え、少し気が抜けたときに心身の疲れが一気に出てしまうことがあります。また、これから冬に向けて寒さ対策や年越しの準備も必要です。捜索救助や物資支援などCivic Forceの緊急支援活動は終了しましたが、引き続き被災した地域を訪問したりメールや電話で連絡をとったり、新たに必要とされる物資・サービスのニーズに対応しています。

 今号のニュースレターでは、今年の災害と被災地での支援活動について振り返るとともに、近年、力を入れている防災・減災の取り組みについてご報告します。

Civic Forceニュースレターは、寄付者の皆様に被災地での支援活動や被災した地域の「今」をお伝えするために発行しています(年3〜4回)。なお、月に1回程度お届けしているメールマガジンをご希望の方は、こちらからお申し込みください。

一覧に戻る

 

最新記事

  • 東日本大震災

    3.11 川柳コンテスト 学生作品募集中!

  • お知らせ

    【急募】能登半島地震プログラムコーディネーター/広報・渉外担当

  • 令和6年能登半島地震

    【連載】Vol.9 被災後の職場におけるメンタルケア後編

  • 令和6年能登半島地震

    【連載】Vol.8 被災後の職場におけるメンタルケア 中編