最新情報

東日本大震災 3 11を忘れない 新・夢を応援xNPOパートナー協働事業

3.11 川柳コンテスト 学生作品募集中!

【再掲】
2011年3月11日の東日本大震災からもうすぐ13年。被災した多くの地域では街が整備され新たな生活が定着しつつありますが、一方で原発事故による帰還困難区域がいまだ残るなど復興は未だ途上にあります。また、今年は元日から能登半島で大きな地震が発生し、多くの人々が避難生活を強いられています。

Civic Force(シビックフォース)では、被災した地域の皆さんに心を寄せ続けるとともに、あの日の経験と教訓を後世に生かす“伝承”に力を入れています。その取り組みの一環として、「川柳コンテスト」を開催しています。

被災したひと、避難先にいる人、支援したひと、被災地を想っているひと......さまざまな想いを言葉にのせて届けたい。そんな想いで、災害や防災・減災をテーマとして川柳を募集します。みなさまからのたくさんのご応募をお待ちしています。

テーマは災害、防災・減災

<テーマ>
災害、防災・減災

<応募部門>
一般の部/小・中・高・大学生の部
 
<応募期間>
2/21(水)〜3/24(日)

<審査期間>
一次審査 3/25〜27、二次審査 3/28〜4/5

<発表>
 4/8(月)頃

<応募方法>
以下のいずれかの方法にて、作品をご応募ください。作品と合わせて、お名前、応募部門、連絡先(メールアドレスまたは電話番号)、住所、年齢、職業(学生は学校と学年)をお知らせください。後日、商品の発送の際などにご連絡させていただきます。

①応募フォーム(リンクはこちら) ②メール(yume@civic-force.org)③郵送(宛先:〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷2-41-12 富ヶ谷小川ビル2階 Civic Force東京事務所)

<賞品>
各部門で最優秀賞、優秀賞、入賞(複数)、Civic Force特別賞を決定します。受賞者には東北の特産品などが選べる「カタログギフト」をお届けします。

詳しくはこちらをご覧ください。

3.11の教訓を未来につなげていくために

2011年3月に緊急支援活動を開始して以降、東北での被災地支援活動を続けてきたCivic Force(シビックフォース)は現在、独自の復興支援プログラム「NPOパートナー協働事業」を通じて、地域の復興の動きを後押ししています。支援にあたっては「まちづくり」「福島と原発」「記憶の伝承」という3つのテーマを軸に、被災した地域で活動する地元NPO団体の取り組みをサポートしていますが、中でも「記憶の伝承」の一環として、3.11の記憶を振り返り教訓を後世に伝えていく活動に力を入れています。

本コンテストは「東日本大震災 (新・夢を応援プロジェクト)支援事業」の一環として実施するものです。

  • 東日本大震災支援活動にご寄付をお願いします

    銀行・ゆうちょ銀行から寄付
    • 三井住友銀行  青山支店 普通 6973031
    • ゆうちょ銀行 00140-6-361805 (通信欄に「東日本大震災」と明記ください)
      口座名義は上記いずれも公益社団法人Civic Force シャ)シビックフォース

      ※指定寄付のうち、15%を上限に運営費として活用し、残り金額はすべて事業費にあてさせていただきます。

一覧に戻る

 

最新記事

  • 東日本大震災

    原発事故の教訓を手話で伝える「かたりべ育成講座」

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア】7/8「えんギフトWEB版」に掲載

  • 令和6年能登半島地震

    栃木市のイベントに出展 短冊に能登への思いを込めて 

  • 令和6年能登半島地震

    【能登半島地震から半年】 被災地と被災地をむすぶ「NPOパートナー協働事業」