最新情報

緊急即応体制を創る プレスリリース お知らせ 企業連携

【プレスリリース】日本プロ野球選手会と連携協定を締結

日本プロ野球選手会災害支援基金(通称:選手会ファンド)設立

12b779948f3d26739dd5654e76a33cbf-1638774432.jpg

Civic Forceは、12月6日、日本プロ野球選手会(会長:會澤 翼選手 広島東洋カープ)と災害支援に関する連携協定を締結し、合わせて「日本プロ野球選手会災害支援基金(通称:選手会ファンド)」を設立しました。


環境の変動などにより、災害が激甚化する中で、選手による支援や呼びかけを、これまで以上に効果的かつ大きなものにしていくための恒常的な仕組みが「選手会ファンド」です。
設立にあたっては、あらゆる災害時に一人でも多くの人に支援を届け、「緊急対応」「復旧・復興」「防災」等の災害支援のあらゆるフェーズに貢献するために、Civic Forceがパートナーとして連携します。今後は支援が迅速かつ適正に行われるために不可欠な“初動”に焦点を当てた活動で連携していきます。

「選手会ファンド」による第1回のクラウドファンディングを12月6日(月)13時30分より開催します。12球団の選手から提供されたグッズ等をリターン品とし、ビデオメッセージでの選手からの呼びかけを行います。災害時だけでなく、平時から多くの方々にいざという時の備えへの関心を高めるための活動も充実させます。

「選手会ファンド」第1回クラウドファンディング(12月6日スタート)について

選手会ファンド設立を機に、クラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、12球団の選手が参画するクラウドファンディングプロジェクトを開始します。

<概要>
・タイトル「プロ野球選手会ファンド:クラウドファンディング #野球でつなぐ未来」
・URL:https://readyfor.jp/projects/jpbpa2021
・目標金額:1200万円
・募集期間:2021年12月6日(月)13:30~2022年1月31日(月)23:00  56日間
・資金使途:「日本プロ野球選手会災害支援基金」への寄付
・活動内容:災害発生時の初動現地調査を含むシビックフォースの緊急支援活動に活用されるほか、被災地の復旧・復興や防災の活動
・形式:通常型 / All-in形式 ※目標金額の達成の有無に関わらず、集まった支援金を受け取ることができる形式
・リターン:12球団選手のサイン入りTシャツやボール、アイテム(グローブ、バット、ユニフォームなど)。12月12日(日)にはさらに多くの返礼品が掲載される予定。
※第1回プロジェクト終了後、第2回・第3回も順次実施予定。それ以降も、災害が発生した際には選手会による緊急支援を行う。このほか選手会は、シビックフォースからのフィードバックを受けつつ現状を報告し、防災の啓発メッセージの発信、防災訓練の勉強会やイベントも開催予定です。

詳しくはこちらhttps://newscast.jp/news/4943978

b005ff1de2ac92078e0696d5d6223738-1638770352.jpg

一覧に戻る

 

最新記事

  • 緊急即応体制を創る

    企業と支援団体をつなぐプラットフォーム「グッドリンクス」オープン

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア掲載】朝日新聞

  • 緊急即応体制を創る

    中学校で出前講座「災害にそなえよう、生き抜くために」を実施

  • 緊急即応体制を創る

    【メディア掲載】佐賀新聞