最新情報

緊急即応体制を創る 佐賀 企業連携 女性

【ふるさと納税】「佐賀の学校に生理用品を配布するプロジェクト」スタート!

生理に関する困りごとをなくすために

Civic Force(シビックフォース)では、佐賀市内の高校や大学の女子トイレに、無償で生理用品を置く取り組みを行っています。 使用期限が近づいた防災備蓄用の生理用品を活用し、2021年9月から佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校に、11月から佐賀大学に生理用品を提供しています。2023年6月までに約13,000個の生理用品を提供し、毎月約500枚が活用されています。

この取り組みを継続するため、佐賀県ふるさと納税の仕組みを活用したクラウドファンディングを開始しました。

89010ff7cef2c6a551c759ad875ba291-1689945570.jpg


佐賀の学校に生理用品を配布するプロジェクト

災害時や学校での生理の困りごと解消へ!

ふるさとチョイスGCFプロジェクトページ)
https://www.furusato-tax.jp/gcf/2374

▼期間 2023年7月12日~10月9日(91日間)
・目標金額:100万円
・資金使途/活動内容:学校への生理用品をお届け。災害発生時には避難所等へ配布。
・返礼品には佐賀県の特産品をご用意しています。

女性が生涯に生理用品に費やすお金は、約40〜70万円とも

女性が生涯に生理用品に費やすお金は、生涯で約40〜70万円ともいわれています(※1)。生理用品をトイレットペーパーのようにトイレに常備することで、学生たちの経済的、心理的負担を軽減したいというCivic Forceと学校の想いが一致してこの取り組みが始まりました。

クラウドファンディングで集まった寄付を活用し、学校へ生理用品を提供する他、生理用品を設置するトイレを増やしていく計画です。

4daa470cad88afa46670bcacc35dcb04-1689946027.jpg

実質負担2,000円で寄付!* 返礼品も受け取れます!

*控除上限額までなら寄付金から自己負担額の2,000円を引いた金額が、所得税や住民税から控除されます。

※1 参考:・ウィメンズヘルス 月経カップブランド『Intimina』の市場調査

https://www.womenshealthmag.com/jp/wellness/a30069977/average-cost-of-20191205/

・Yahoo!ニュース 「生理の貧困」ってなんだろう――言えない、買えない 問題の背景は ピルのオンライン診療サービス「スマルナ」の調査から

https://news.yahoo.co.jp/special/period-poverty/

一覧に戻る

 

最新記事

  • 東日本大震災

    3.11 川柳コンテスト 学生作品募集中!

  • お知らせ

    【急募】能登半島地震プログラムコーディネーター/広報・渉外担当

  • 令和6年能登半島地震

    【連載】Vol.9 被災後の職場におけるメンタルケア後編

  • 令和6年能登半島地震

    【連載】Vol.8 被災後の職場におけるメンタルケア 中編