災害支援のプロフェッショナル Civic Force(シビックフォース)

HOME ニュース 被災地を支援する

ニュース

被災地を支援する

お知らせ/その他 被災地を支援する 2021/08/04

【熱海土石流被害から1カ月】猛暑の夏、避難生活を支える「移動の足」と子どもたちへのサポート

静岡県熱海市で起きた大規模な土石流被害から1カ月が経ちました。厳しい暑さの中、今も行方不明者5人の方の捜索が続けられています。8月3日現在、熱海市内2カ所の避難所に約300人が身を寄せています。捜索活動の縮小によって立ち入り禁止区...

被災地を支援する 2021/07/31

【東日本大震災】未来の漁師を育てる"うみのがっこう"(後編)

岩手県釜石市で漁業者の担い手育成に取り組むNPOおはこざき市民会議。主に小中学生へ漁業体験を提供しています。事務局を担っていた佐藤さんが今年、新たに代表に就任しました。前編はこちら。 =======================...

被災地を支援する 2021/07/27

【令和3年7月豪雨】避難所での無料タクシーチケット配布をスタート

熱海・伊豆山地区の土石流被害の影響により避難所での生活を余儀なくされている中、さらに交通手段にお困りの方を対象に本日27日より、無料のタクシーチケット配布を開始しました。通院や買い物のほか、自宅への一時帰宅やみなし仮設住宅の下見へ...

被災地を支援する 2021/07/25

【東日本大震災】未来の漁師を育てる"うみのがっこう"(前編)

震災後、東北の沿岸部で漁師の担い手不足が深刻化しています。 岩手県釜石市に位置する箱崎半島地区もその1つ。地域住民の大半が漁業に関係した仕事につく古くからの漁業集落です。「地域で活躍する漁師の多くは60、70代。若手もいるけれど、...

お知らせ/その他 緊急即応体制を創る 被災地を支援する 2021/07/22

【プレスリリース】7/23〜 無償臨時バスの運行開始(七尾団地〜湯河原間)

大規模な土石流で大きな被害を受けた静岡県熱海市の伊豆山地区では、今も国道の通行止めが続く中、高齢の方をはじめ地域の皆さんの買い物や通院に影響が出ています。「バスの本数が減り通院や買い物が行きにくい」といった声を受け、Civic F...

お知らせ/その他 被災地を支援する 2021/07/21

【令和3年7月豪雨】本日から無料タクシーチケット配布

熱海・伊豆山地区の土石流被害の影響で交通手段にお困りの方を対象に、本日21日から無料のタクシーチケットを配布します。通院や買い物などの足として必要な方にご活用いただくため、伊豆山浜会館など地域の皆さんと連携しています。 <概 要...

お知らせ/その他 被災地を支援する 2021/07/20

【メディア】サガテレビで紹介(熱海・緊急支援活動)

7月20日のサガテレビ「カチカチPress」(平日夕方16:20〜)で、Civic Forceの活動が紹介されました。タイトルは「熱海の土石流現場で支援活動した女性」。 5日から熱海で緊急支援活動を続ける井上玲奈が見た伊豆山地区...

お知らせ/その他 被災地を支援する 2021/07/19

【プレスリリース】土石流の被害にあった児童・生徒へ  学童への移動支援と学用品提供

Civic Forceは、このたび静岡県熱海市・伊豆山地区の土石流被害にあった児童・生徒の学用品支援と移動支援を実施します。 土石流が発生した伊豆山地区では、発生から2週間を経た今も車両の立ち入りが規制され、路線バスも入れない状態...

お知らせ/その他 被災地を支援する 2021/07/15

【令和3年7月豪雨】長引く避難生活を支えるために

静岡県熱海市で起きた大規模な土石流では、これまでに11人が亡くなり、今も行方不明者の方17人の捜索が続けられています。住宅などおよそ130棟が被害を受け、7月14日現在、521人が熱海市内のホテルで避難生活を余儀なくされています。...

お知らせ/その他 被災地を支援する 2021/07/13

【COVID-19】一人で悩まず「差別ホットライン」にお電話ください

「もう生きていけない」「周囲の目が怖い」。 コロナ禍で差別に悩む人の相談を受け付ける、World Open Heart(WOH)の「新型コロナ差別ホットライン」。全国各地でワクチン接種が始まっていますが、人知れず悩みを抱えている人...